2011年03月26日

Time Machine 〜1981〜

結局、一昨日も停電しませんでした。
大急ぎで家に帰り、おかあさんに言われて渋々やる小学生みたいに、
翌日の準備まで全部済ませて、待っておったのに・・・。

まあ、消えなくて文句いうのは野暮ですから、いいですけどね。(^^;)

で、25分割?が発表されましたが、やっぱりよくわかりませんなぁ。
不公平感がないようにとかいう話ですが、23区のほとんどがNo停電なのに、
いまさら、公平とか言われてもねぇ・・・。

まあ、この土日は実施されないようですから、いろいろ考えるのはやめて、
のんびり過ごしたいと思いますが。(節電はしましょう!(苦笑))

-----

さて、今回は、大好きな(笑)1981年のいまごろチャートインしていた、
Terri Gibbsの"Somebody's Knockin'"です。(Pop #13 Country #8)

Terriは、マイアミ出身の女性シンガーで、
生まれつき目が見えないというハンデを背負いながら、
幼いころからピアノを習い始め、成長して、ナッシュビルに移り、
カントリーソングの世界に引き込まれていった人で、
その、ちょっとクールな歌いっぷりが注目され、1980年にメジャーレーベルとの契約を得て、
いきなり、同名のデビューアルバムから、この大ヒットを放ったんでしたね。

成熟した歌声でしたから、当時、すでにそこそこのお年かな?と思っていたのですが、
現在でもまだ、50代半ばのようですから、26才くらいだったみたいですね。

80年代前半くらいまでは、カントリーチャートで、
けっこうコンスタントにヒットを飛ばしていたのですが、
90年代以降くらいからは、コマーシャルなカントリー音楽から、
クリスチャン音楽のほうにシフトしてしまったようで、
いわゆるヒット曲はありませんが、現在も元気で活動中のようです。



曲紹介のお二人が、豪華&濃厚すぐる!(笑)

https://www.terrigibbs.us/Home.html
official Website Of Terri Gibbs(いきなり音出ます。)
posted by maki at 09:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。