2011年06月21日

『127時間』

127.jpg

ことしは、実話の映画化というのが多いですが、
この作品でも、エンドロールに、ジェームス・フランコがチャーミングに演じた実在の登山家、
アーロン・ラルストンが、ちらっと登場します。
『ザ・ファイター』のときにも書きましたが、その手法は反則技よ〜と思うのですが、
この作品に関しては、本人登場も納得。
実話と言われなければ、とても信じられるはずのない話ですもんね。(^^;;

何でも、大震災と原発事故のせいにするのもあれとは思うのですが、
どうにも最近、結局、みんな死んじゃうんだよぁという思考に、すぐ流れてしまって、
気分が高揚しないことが多いのが悩ましい日々なのですが、
そんな自分の気もちに、軽く喝!を入れてくれる映画でありました。
絶望的な状況になっても、何か方法があるはず。
つうか、ちっとも今、絶望的じゃないでしょ?って。
まさかのシーンに、Bill Withersの"Lovely Day"を使っちゃうセンスに、
パッチリ、目を覚まさせてもらった感じです。

ただまあ、どんな状況になっても、絶対に失神しない強さを身に付けねばですが。(苦笑)

http://127movie.gaga.ne.jp/
『127時間』日本公式サイト
posted by maki at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

you're a friend of mine...

もうちょっと若いのかな?と思っていたのですが、69才だったんですね。
まあ、ブルース・スプリングスティーンが、すでに61才だっていいますから、
そうなりますかな。でも、まだ早すぎますね。

ブルース・スプリングスティーンのLiveは、1回行ったことあるのですが、
E.ストリート・バンドなしの来日の時だったので、
クラレンスのSaxを生で聴くことはなかったのですが、
映像で見てきた、あの大きな身体でプレイする姿が、もう、生で見れないのは悲しいですね。
ことしのサマソニに、単独で登場の予定もあったようです。

ガガのNewアルバムに参加して、最近では話題でしたが、
80年代には、アレサの大ヒット曲"Freeway Of Love"でも豪快に吹いてましたよね。

"You're A Friend Of Mine"は、1985年にリリースしたソロアルバム"Hero"からカットされて、
みごとにシングルヒットした曲で(Pop #18)、ブログに以降する前のへっぽこサイト時代に、
すでに一度取り上げたことのあるナンバーですが、
やっぱり、クラレンスっていうと、この曲ですよね。

ビデオには、一緒に歌っているジャクソン・ブラウンはもちろん、
当時、その恋人だった、女優のダリル・ハンナ、
さらに、曲の作者でプロデューサーの、ナラダ・マイケル・ウォールデンも登場していて、
いろいろと、時の流れを感じてしまうビデオクリップになっています。

R.I.P.



http://www.barks.jp/news/?id=1000070818
クラレンス・クレモンズ逝去(BARKS ニュース)
posted by maki at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | R.I.P. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

Time Machine 〜1983〜

今回で、80年代も1周しまして、唯一、登場していなかった1983年の、
ちょうど今ごろチャートインしていた曲、James IngramとPatti Austinが歌う、
"How Do You Keep The Music Playing"です。

このふたりのデュエットといえば、何といっても、
前年のNo.1ヒット"Baby, Come To Me"が有名すぎるほど有名ですが、
その翌年にヒットしたこちらも、フランク・シナトラをはじめ、
トニー・ベネットやバーブラ・ストライサンドなど、
そうそうたる面々がカバーしているクラシックとして愛されていますね。

ただ、R&Bチャートでは、"Baby..."の最高位9位を上回る6位を記録しているのですが、
Popチャートでは45位が最高で、意外にも、大ヒットにはなっておりませんでした。

なお、"Baby..."は、テレビドラマで使われたことによって火がついたヒット曲でしたが、
こちらのほうは、映画"Best Friends"の主題歌に使われてヒットしたナンバーでした。
が、ここでややこしいのは、日本で『ベスト・フレンズ』というタイトルで公開された米国映画は、
1981年に、ジャクリーン・ビセットとキャンディス・バーゲン主演で別に公開されていまして、
原題が"Best Friends"の、こちらの映画のほうは、
バート・レイノルズとゴールディー・ホーン主演で、
『結婚しない族』という邦題で公開されていましたね。

(※『ベスト・フレンズ』の原題は"Rich And Famous")

さらにこれ、『結婚しない族』っていう邦題は、78年に公開されて、
社会現象的ヒットになった映画『結婚しない女』の、
「自立する女」ブームの余波に乗っかろうとしたタイトルなのでしょうが、
まあ、何かとややこしくしている原題と邦題の映画であります。



http://www.jamesingramsmusic.com/
Official James Ingram Music Website
posted by maki at 05:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。