2011年04月11日

『ザ・ファイター』

fighter.jpg

オスカー助演男女ダブル受賞、さらには、もうひとり、
エイミー・アダムスも助演賞にノミネートされていましたが、
まさに、そんな役者たちのアンサンブルの良さと、
テンポがよくて、切れのある演出が見どころの映画で、
『傷だらけの栄光』、『ロッキー』、『レイジング・ブル』など、
これまでにも、ボクシング映画の名作は生まれてきましたが、
それらと比較しても遜色ない、新たな名作誕生という気がします。

オスカー・ウィナー二人が演じる、
強烈なキャラクターの母と兄に挟まれて、
主役であるはずのマーク・ウォールバーグが、
受けの演技に終始せざるを得ないのが面白いですが、
ファイターとしての自分の最大の「敵」は、
最大の味方でもあるという苦悩を、
うまく表現していて、彼もまた見事だと思いました。

エンドロールで、思わぬ二人が最後に登場しますが、
ちょっと反則技っぽいですが、
感動が倍増して、ウルウルすること必至!(T-T)

http://thefighter.gaga.ne.jp/
『ザ・ファイター』日本公式サイト

http://www.thefightermovie.com/
"The Fighter" US Official Site
posted by maki at 10:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195280133

この記事へのトラックバック

『ザ・ファイター』お薦め映画
Excerpt: 家族と別れて成功したとして、果たして彼は幸せになれるだろうか? 勝利の瞬間、そこに喜びを分かち合う家族はいないのだ。家族を選ぶか、成功を選ぶか、それとも両方を手にするか? 兄弟愛に泣く、お薦め作品だ。..
Weblog: 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
Tracked: 2011-04-12 23:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。