2011年05月22日

Time Machine 〜1991〜

Michael Boltonの、1991年の今ごろの大ヒット曲ですねぇ。(Pop #4)
ただ、ご存知の方も多いと思いますが、80年代後半から90年代半ばくらいまでにかけて、
順調にヒットを飛ばし続けたボルトンさんにとっては、唯一の黒歴史(?)になっている、
曰く因縁つきの、ちと残念なヒット曲でもありますね。

ことは、ヒットから3年後の1994年、
アイズレー・ブラザーズのロン御大とマーヴィンさんが、
この曲は、自分たちが60年代に作った同名の曲の盗作だと訴えたことから、
ケチがつき始めてしまったわけですが、その後の裁判は足掛け7年も続き、
結局、アイズレーの曲は知らないというボルトンさん側の主張は通らず、
盗作認定されてしまったわけですが、聴き比べてみて、
正直、素人耳には、そんなに似てるかなぁ?
この程度で多額の賠償金となると、ガクガクブルブル((((;゚Д゚))))な日本人アーティスト、
いっぱいいるわよねぇ(苦笑)という感想しか持たなかったのですが・・・。

アイズレーのほうは、そんなに有名曲でもなくて、
ボルトンさんの、聴いたことないという言い分も信じられるし、
曲のタイトルはありふれていて、アイズレーほどの名の通った人たちの曲をパクろうと思ったら、
同じタイトルは付けないだろうと思うのですが、有名曲ではなかったからこそ、
これは許し難い!という気もちが強くなってしまったのかもしれませんね。

ただ、ソウルミュージックの歴史を作り上げてきたアーティストと、
その音楽に心酔してきたことは間違いないアーティストが法廷で対決っていうのは、
やっぱり、いろんな意味で残念な事件でありました。





http://www.michaelbolton.com/
Michael Bolton Official Site


posted by maki at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜、そんなこともあったのですね。
そう言われて聞くと 似てる気がしますけれど、
盗作認定って なん小節同じメロとか、何か規定があるんですかね?
最近のJ-POPも、初めて聞いても一緒に歌えるぐらい(笑) 似てる曲ありますよね。
まぁ、大御所が普通にいろいろぱくってますし(^m^)
Posted by moon at 2011年05月26日 00:21
よく知らないのですが、認定する、その道のプロがいるような話は聞いたことありますね。

日本では、何年か前に、
大物作曲家2人どうしで裁判になったことありましたけど、(小林○星先生と服部克●先生)、
洋楽からのパクりとなると、同じ土俵に乗ることが、
そもそも壁がありますから、まあ、それをいいことに・・・って感じですよね。(^^;;
Posted by maki at 2011年05月26日 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。