2011年06月20日

you're a friend of mine...

もうちょっと若いのかな?と思っていたのですが、69才だったんですね。
まあ、ブルース・スプリングスティーンが、すでに61才だっていいますから、
そうなりますかな。でも、まだ早すぎますね。

ブルース・スプリングスティーンのLiveは、1回行ったことあるのですが、
E.ストリート・バンドなしの来日の時だったので、
クラレンスのSaxを生で聴くことはなかったのですが、
映像で見てきた、あの大きな身体でプレイする姿が、もう、生で見れないのは悲しいですね。
ことしのサマソニに、単独で登場の予定もあったようです。

ガガのNewアルバムに参加して、最近では話題でしたが、
80年代には、アレサの大ヒット曲"Freeway Of Love"でも豪快に吹いてましたよね。

"You're A Friend Of Mine"は、1985年にリリースしたソロアルバム"Hero"からカットされて、
みごとにシングルヒットした曲で(Pop #18)、ブログに以降する前のへっぽこサイト時代に、
すでに一度取り上げたことのあるナンバーですが、
やっぱり、クラレンスっていうと、この曲ですよね。

ビデオには、一緒に歌っているジャクソン・ブラウンはもちろん、
当時、その恋人だった、女優のダリル・ハンナ、
さらに、曲の作者でプロデューサーの、ナラダ・マイケル・ウォールデンも登場していて、
いろいろと、時の流れを感じてしまうビデオクリップになっています。

R.I.P.



http://www.barks.jp/news/?id=1000070818
クラレンス・クレモンズ逝去(BARKS ニュース)


posted by maki at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | R.I.P. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。