2011年06月27日

ベストアルバムを語るわよ!(6)

今回は、今月のはじめに、10年ぶりだという来日公演を果たしてくれた、
メリサ・マンチェスターの、1996年にリリースされた、日本編集の"Best Selection"です。

彼女のBillboard Liveでのステージ、見に行きたかったのですが、
残念ながら、早く帰れない日に当たってしまったので行けませんでした。
誰かに代わってもらえば行けなかったこともなかったのですが、
果たして、若いころのような声が出ているのか?
最大のヒットではあるけど、70年代からのファンには評判イマイチの、
82年の大ヒット"You Should Hear How She Talks About You"は歌ってくれるのか?
この2点が気になって、踏ん切れなかったわけですが、
行かれた方のレビューなどをネットで拝見すると、声も出ていたし、
"You Should..."も、しっかり歌ってくれたみたいですね。
代わってもらえばよかった・・・。(^^;;

96年にリリースされた、このベスト盤は、
彼女の代表曲は、かなり網羅されていますが、
なぜか、79年から80年にかけてのTop40ヒット、"Fire In The Morning" "Pretty Girls"、
さらに、ピーボ・ブライソンとのデュエット小ヒット"Lovers After All"が、
すっぽりぬけているのが、ちと残念ですね。

あと、83年リリースのアルバム"Emergency"から、
シングルカットされて、いちおうチャートにも入った
"No One Can Love You More Than Me"が無視されているのに、
カットされたようですが、ノーアクションだった"I Don't Care What People That Say"が、
破格の扱いの、アルバム1曲目なのが、ちょっと?な選曲かなぁという気がします。

なお、この盤は、すでに廃盤になっておりますが、
来日記念で先日リリースされた、やはり日本編集の"Greatest Hits"には、
"Pretty Girls"と"Lovers After All"は、収録されておるようです。


・Best Selection - Melissa Manchester


・Greatest Hits - Melissa Manchester
posted by maki at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。