2011年07月02日

Time Machine 〜1973〜

今回は、1973年の今ごろチャートインしていた曲、
カメルーン出身のSaxプレイヤーでVibraphoneプレイヤー、
Manu Dibangoの"Soul Makossa"です。(Pop #35 R&B #21)

とてもファンキーなJazz Funkナンバーで、
まんず多くのR&B,Hip-Hop系の曲でサンプリングされておりますが、(Wiki参照)
自分のような80's世代にとっては、まず、マイケルの"Wanna Be Startin' Somethin"で知り、
近年、リアーナの"Don't Stop The Music"で、
また思い出しっていう方が多いでしょうね。

ただ、マイケルは、もともとマヌさんの許可を得ないまま使っていたため、
以前、訴えられて裁判になり、のちに和解となった経緯があったのですが、
その、マイケルの曲のほうをネタ使いするという形で、リアーナが二重使いして、
またまたヒットしてしまったものですから、それに再び怒ったマヌさんが、
リアーナと、改めてマイケル側を訴えたなんていう話がニュースになりましたよね。



ことし、Newバージョンが発表になっています。↓

Soul Makossa 2.0 by BORDERBLASTER

http://www.manudibango.net/
Manudiango.net Official website


posted by maki at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。