2011年07月30日

Time Machine 〜1958〜

南関東は、台風6号がかすめて以降、カンカン照りの猛暑が去って、
なんだか、梅雨に戻ったかのような、ジメジメ蒸し暑い日々が続いていますが、
新潟や福島では、記録的な豪雨で、たいへんな被害が出ているようですね。
新潟の大雨は、ちょうど親戚が住んでいるあたりなので、自分も心配しております。
今夜にでも、確認とってみようかな・・・。

さて、この蒸し暑い時期にフィーバーでもないのですが、今回の1曲は、
1958年の今ごろチャートインしていた曲、Peggy Leeの"Fever"です。(Pop #8)

ちょっと前にはビヨンセが、けっこう前にはマドンナが、
もっと、ずーっと前には、リタ・クーリッジもカバーしていたナンバーで、
女性シンガーが好んで歌っているイメージがある曲なのですが、
かの、エルヴィスや、ブルースのバディ・ガイなどもカバーしていますので、
性差もジャンルも時代も超えた、まさに、名曲中の名曲ということなのですね。

しかし、やはり、けだるさと意志の強さが同居する感じの、
このペギーの歌唱が大きなイメージとなって、この曲をカバーした、
多くの女性シンガーたちの心を捉えたのは間違いないところだろうと思います。

で、これも、ご存じの方は多いと思うのですが、
ペギーさんも、じつは、この曲をカバーしたシンガーのひとりでして、
オリジナルは、この2年前の1956年にチャートをにぎわせた、
Little Willie Johnでありまして、(Pop #23 R&B #1)
小柄ゆえに、Littleと付いたウィリーさんなのですが、
若干18才で、この大人っぽい曲をヒットさせていたんですね、びっくり。





http://www.peggylee.com/
The Official Site of Miss Peggy Lee
posted by maki at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217527573

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。