2011年08月18日

かあさん、あの12インチ何処へ行ったんでしょうね?(10)

ローラ・ブラニガンが突然この世を去ってしまったのが、
2004年の8月26日のことで、もうすぐ、7年が経つんですね。
その前に、ご主人が亡くなっていて、しばらく芸能活動をセーブしていたものの、
徐々に、活動再開に向けて動き出した矢先の訃報であったので、
当時、たいへん残念で、ショックを受けたものでありました。

今回は、そんなローラの、1987年リリースのアルバム"Touch"からシングルカットされた曲、
"Shattered Glass"の12インチ・バージョンです。

まあ、イントロを聴いただけで、80'sファンならすぐわかる、
プロデューサーチーム、Stock, Aiten & Watermanサウンド全開ですが、
このころの自分は、彼らの作り出す音が大嫌いで、
リック・アストリーやカイリー・ミノーグとか、どこがいいの?と思っていましたが、

(いまは好きよ。(笑))

ドナさまの"This Time I Know It's For Real"と、ローラのこの曲だけは、
サウンドのかったるさより歌のチカラという感じで好きでしたね。

posted by maki at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220955097

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。