2011年09月09日

ベストアルバムを語るわよ!(10)

Ray Charlesという人は、さすがの自分も、
リアルタイムでは、全盛期の活躍を知らないのですが、
かと言って、「”いとしのエリー”を英語でカバーした人」としてしか知らないというほど、
そんなにウブでもなしなので、(^^;) 自分の中では、ちょっと異色なポジションにいる人なのですが、
さらに加えて言うと、自分が洋ヲタへの道を邁進していた80年代のレイさんは、
もともとあった、カントリーミュージックへの傾倒を深めていって、
カントリー・チャートでヒットを連発していた頃だったんですよね。

そんなわけなので、カントリーの人?という認識でスタートしてしまったのが、
そもそもの、間違いだったということなのですが、
その後、"We Are The World"で重要なパートを任されているのを見て、
どうやら、もっとすごい人らしぞ・・・という見方に変わって、ほぼ正しい認識になったわけです。

Rhinoから出ておりますベスト盤"The Very Best of Ray Charles"には、
そんな80年代のレイさんが、1984年に、カントリーチャートNo.1を獲得した、
ウィりー・ネルソンとのデュエット曲"Seven Spanish Angels"も、しっかり含まれていて、
全16曲ですから、当然、ヒット曲網羅とはいかないものの、
その他、重要曲は、しっかりおさえられた感じの選曲で、いいのでは?と思います。

Ashford & Simpsonが、初めて他のアーティストに提供した曲だということで、
先日のニック・アシュフォードの訃報のときに記事になっていた
"Let's Go Get Stoned"も入っていますし、
1曲目が、Kanye West & Jamie Foxxで、2005年にNo.1ヒットになった"Gold Digger"の元ネタ曲
"I Got a Woman"からスタートしますので、お若い方にも、とっつきやすいのではないかと思いますね。


The Very Best of Ray Charles - Ray Charles
posted by maki at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225127406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。