2011年08月10日

かあさん、あの12インチ何処へ行ったんでしょうね?(9)

ジョー山中さんが亡くなられましたね。
このシリーズのタイトル記事に使わさせてもらっている「かあさん・・・」っていうフレーズは、
もちろん、ジョーさんが主題歌を歌われていた映画『人間の証明』の有名なセリフから、
勝手にパクって使用しているものでした。
セリフと言っても、もともとは、西条八十さんの詩なのですが、
それを英訳して歌っていたのが、ジョーさんの歌う主題歌だったわけですね。

まだ60代、早すぎますねぇ、ジョーさんも。
♪mama, do you remember...?



-----

さて、今回の12インチバージョンは、80年代を代表する名曲といっていい、
Blondieの"Rapture"のTeddy Riley Remixです。
81年のNo.1ヒットに、88年、New Jack Swingを生み出して勢いに乗るテディーさんが、
新たに手を加えたバージョンなわけですが、依頼されたとはいえ、
こんな、誰でも知ってる超有名曲をRemixしちゃうのですから、
いかに、当時のテディーさんが怖いもの知らずであったかが想像できますね。

posted by maki at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

Time Machine 〜1978〜

今回は、1978年の今ごろチャートインしていた曲、Walter Eganの"Magnet And Steel"です。
(Pop #8)

Top40ヒットは、この1曲だけの人で、この曲をプロデュースしているのは、
Fleetwood Macに加入して、黄金期を歩み始めていたLindsey Buckinghamと、
その時代のマックのアルバムのほとんどに、
プロデューサーとして名を連ねていた、Richard Dashutという人で、
しかも、バックボーカルには、Stevie Nicksも参加していますので、
当時のマック大人気の副産物的ヒットという位置づけで、
ウォルターさんも、一発屋扱いされることが多い気がしますが、
この曲のあとにチャートインした"Hot Summer Nights"や(Pop #55)、
83年の"Full Moon Fire"(Pop #46)など、小ヒットも数曲ありますので、
実際には、"Full Moon Fire"のほうで彼のことを知った自分としては、
そういう経緯をあとで知り、ちょっと意外な感じを受けたものでありました。

(てか、"Full Moon Fire"って、Top40に入ったもんだと思ってました・・・。)

なお、ウォルターさんは、ソロ活動もしながら、近年、The Brooklyn Cowboysという、
カントリーロックを聴かせるバンドを結成して、アルバムもリリースしているようです。



http://www.walteregan.net/
WalterEagan.net

http://www.brooklyncowboys.com/
The online home of The Brooklyn Cowboys
posted by maki at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

かあさん、あの12インチ何処へ行ったんでしょうね?(8)

なんと、1ヶ月ぶりでした、このコーナー。時間経つの早いですね。(^_^;)

今回は、1989年にリリースされた、New Orderのバーナード・サムナーと、
The Smithsなどで活躍したギタリスト、ジョニー・マーが結成したスーパーユニット、
Electronicのヒット曲"Getting Away With It"のExtended Versionです。

この曲に関しては、Pet Shop Boysのニール・テナントが、
曲作りとボーカルで参加していて、(アルバムでは、ほかの曲でも参加。)
まあ、お世辞にも上手いとはいえない、
バーニーとニールのボーカルが絡み合うのですが、
そのユルさ加減が心地よい名曲で、このロングバージョンは、
そのユル心地よさが、みごとに増幅された7分半になっているような気がします。

Electronic - Getting Away With It (Extended Version) by OGmix 4
posted by maki at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。