2011年08月30日

「おやおや」の名調子も、もう聞けないのか・・・。

最近、ナレーションを担当されてたレギュラー番組を欠席されていましたので、
心配はしていたのですが、滝口順平さんも、亡くなられてしまったんですね。

まさに、子どものころから、この声に慣れ親しみ、
大人になってからも、「ぴったんこカンカン」や「ぶらり」で、
滝口さんの声に癒されてきましたから、本当に残念です。

とくに「ぶらり」は、あの声があればこその番組だったゆえに、
チャンネルを合わせることも少なくなるかも・・・。

http://www.sanspo.com/geino/news/110830/gnj1108300504007-n1.htm
声優でナレーターの滝口順平さん死去(SANSPO.COM)
posted by maki at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | R.I.P. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

Time Machine 〜1981〜

今回は、1981年の今ごろチャートインしていた曲、
The Afternoon Delightsの"General Hospi-Tale"です。(Pop #33 R&B #23)

2002年に、Rhinoから出て、80'sファンを喜ばせた、
7枚組80'sコンピ"Like Omigod: 80's Pop Culture Totally"に収録された曲の中でも、
とくにレアなトラックで、この曲の収録を喜んだ方も多かったのでは?と思うのですが、
ホント、自分が知る限り、チャートインした曲は、この1曲のみで、
情報が少なく、ボストン出身の4人組の女性グループで、
この年の始めに大ヒットした、Blondieの"Rapture"にヒントを得て、
この曲のプロデューサーが、ダンスミュージックにラップ風女性ボーカルを乗せた曲を作ってみたら、
みごど、PopチャートとR&Bチャートにランクインするヒットになったということぐらいしか、
情報らしい情報はありませんね。

曲のタイトルは、当時、大人気で、あのリック・スプリングフィールドも出演していたTVドラマ
"General Hospital"をもじってパロディーにしたものであることは有名ですが、
それが、クリーンヒットになった大きな要因であることは確かなようです。

posted by maki at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

hello, gorgeous!

ベテラン・アーティストは、儲からないアルバム作りを敬遠して、
なんとか商売になる、ツアーに精を出す人たちが多くて、
もう、何年も新作が聴けていない人たちが多すぎますが、
そんな中、精力的にリリースを続けるバーブラ、ありがたいですね。

まあ、彼女の場合、ツアーどころか、ステージに立つことは少ないですし、
確実に一定のセールスは保証されているスーパースターであるからできるのでしょうが。

さて、約2年ぶりの新作となりますアルバムは、以前も紹介しましたが、
バーブラの"The Way We Were"の作詞を担当した、
アラン&マリリンの、バーグマン夫妻の作詞家チームの作品を集めて歌ったアルバムになっています。
ちょっと古い曲が多くて、最初に歌ってた人が誰なのかわからない曲がほとんどなので、
自分としては、カバーアルバムというより、
単純にバーブラのオリジナルみたいな感じで聴けてしまいましたが。(^_^;)

前作"Love Is The Answer"は、とてもシンプルな構成で、
そこに、ほどほどの緊張感と、意外なバーブラの身近さが感じられましたが、
今作は、バーブラらしいゴージャス感を、改めて感じさせる音作りになっているような気がします。
前作が、ちょっと落ち着き過ぎ?と感じた人は、今回のほうがお気に入りになるかも。

歌声は、さすがに、少しかすれるところはありますが、
それでも、まだまだ艶っぽい、とてもアラセブとは思えない歌いっぷりで、さすがです。


・What Matters Most
: Barbra Streisand Sings the Lyrics of Alan and Marilyn Bergman
posted by maki at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

when the night has come, and the land is dark...

Ashford & Simpsonのニックさんが亡くなった日、
もうひとりの偉大なソングライターが、世を去っていたんですね。
ソングライターチーム、Leiber & Stollerとして、
Mike Stollerと数々の名曲を書いたJerry Leiberが、78才で亡くなったようです。

永遠の名曲"Stand By Me"や、エルヴィスの"Hound Dog"や"Jeilhouse Rock"を初めとして、
数々のロック&ポップクラシックを残しているおふたりですが、
80'sファンにとっては、先日、たまたま名前が出てきましたが、
Michael McDonaldの"I Keep Forgettin'"の作者として、記憶しておきたい方でありました。

そういえば、McDonaldさんは、"Ain't No Mountain High Enough"も歌ってましたよねぇ。





http://www.rollingstone.com/music/news/source-songwriter-jerry-leiber-dies-at-78-20110822
Songwriter Jerry Leiber Dies at 78(Rollingstone.com)

http://www.leiberstoller.com/Home.html
Leiber & Stoller Official Site
posted by maki at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | R.I.P. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

ain't no mountain high enough...

やはり、子どものころから見てきた、俳優の竹脇無我さんの訃報にさびしく思っていましたが、
今度は、またまたソウル・ミュージック界から訃報が・・・。

USA Todayの記事は、Motown Songwriterと紹介されていますが、
Ashford & SimpsonのNickさんとして、数々の名曲を書いただけではなく、
84年の大ヒット"Solid"をはじめとして、自分たちでも、
R&Bチャートを中心に、ヒットチャートをにぎわせていましたね。
ここんとこ、過去の作品がリイシュされたり、ライブDVDが出てたりしたんですけどね。
2009年には、待望の初来日もしたし。
70才は、まだまだ早いよなぁ・・・。





http://www.usatoday.com/life/people/obit/story/2011-08-22/Motown-songwriter-Nick-Ashford-dies/50098836/1
Motown songwriter Nick Ashford dies(USA Today)
posted by maki at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | R.I.P. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。