2011年07月30日

Time Machine 〜1958〜

南関東は、台風6号がかすめて以降、カンカン照りの猛暑が去って、
なんだか、梅雨に戻ったかのような、ジメジメ蒸し暑い日々が続いていますが、
新潟や福島では、記録的な豪雨で、たいへんな被害が出ているようですね。
新潟の大雨は、ちょうど親戚が住んでいるあたりなので、自分も心配しております。
今夜にでも、確認とってみようかな・・・。

さて、この蒸し暑い時期にフィーバーでもないのですが、今回の1曲は、
1958年の今ごろチャートインしていた曲、Peggy Leeの"Fever"です。(Pop #8)

ちょっと前にはビヨンセが、けっこう前にはマドンナが、
もっと、ずーっと前には、リタ・クーリッジもカバーしていたナンバーで、
女性シンガーが好んで歌っているイメージがある曲なのですが、
かの、エルヴィスや、ブルースのバディ・ガイなどもカバーしていますので、
性差もジャンルも時代も超えた、まさに、名曲中の名曲ということなのですね。

しかし、やはり、けだるさと意志の強さが同居する感じの、
このペギーの歌唱が大きなイメージとなって、この曲をカバーした、
多くの女性シンガーたちの心を捉えたのは間違いないところだろうと思います。

で、これも、ご存じの方は多いと思うのですが、
ペギーさんも、じつは、この曲をカバーしたシンガーのひとりでして、
オリジナルは、この2年前の1956年にチャートをにぎわせた、
Little Willie Johnでありまして、(Pop #23 R&B #1)
小柄ゆえに、Littleと付いたウィリーさんなのですが、
若干18才で、この大人っぽい曲をヒットさせていたんですね、びっくり。





http://www.peggylee.com/
The Official Site of Miss Peggy Lee
posted by maki at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

最近、気に入っておるカバー2曲。



全然新曲でもありませんで、けっこう前に出た、Tankのアルバムからシングルカットされてます曲。
オリジナルは、もちのろんで、91年から92年にかけたてヒットした、ボニー・レイットで、
ブルース・ホーンスビーがピアノを弾いてた、あの曲。

ホント、この人の声はええですねぇ。なんで、もっとドカン!と人気者にならんのか不思議。



こちらは、"A Little Bit Stronger"がヒットしたばかりの、Sara EvansのNewシングル。
オリジナルは、ロッドさん89年の大ヒットですね。

カバーの達人ロッドさんをカバーしちゃうとこが、度胸を感じます。
posted by maki at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

ベストアルバムを語るわよ!(8)

今回は、1995年に出てました、Glenn Freyのベスト盤"Solo Collection"です。

リリースされた当時、最初4曲は新曲だったのですが、それでも、合計16曲入りですので、
もともと、そんなに何枚もソロアルバムを出している人ではないので、
さぞや、ヒット曲は網羅されているであろうと思って、手に取ると、
???と、チャートヲタとしましては、ちょっと首をかしげたくなる選曲でして、
82年にリリースされた最初のソロアルバム"No Fun Aloud"から小ヒットした2曲、
"I Found Somebody"(Pop #31)と"All Those Lies"(Pop #41)が入ってないんですねぇ。

この2曲よりアクションが弱かった曲や、シングルカットすらされなかった曲が数曲入っているのに、
何でかなぁ?と思うのですが、他に自分が知る限り、2種ある別のグレンのベスト盤でも、
この2曲は無視されていまして、何か、収録できない理由があるのか、
本人のお気に入り曲でないのかもしれませんね。自分はどちらも好きなので残念。

まあ、"No Fun Aloud"は、普通に現在もCDショップで入手できるからいいですが。(^_^;)


・Solo Collection - Glenn Frey
posted by maki at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | その他のCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

you know I'm no good...

"Rehab"の歌詞も、今となっては笑えない話となってしまいましたが、
タイトルからして切ないこの曲も、なんだか悲しく響きますね。

グラミーで時の人となっていたころは、まだ20代前半だったっていうことに、
いまさらながら驚きます。年を重ねて、さらに成熟した歌声が聴きたかったです。

つい先日は、中村とうようさんが亡くなられましたが、
評論家、シンガーと立場の違いこそあれ、
音楽の世界に身を置いた方が、ひとり寂しく世を去ってしまうのは悲しいですね。



http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-22340420110724
英歌手A・ワインハウスが急死、グラミー5冠の27歳
posted by maki at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | R.I.P. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

Time Machine 〜1985〜

今回は、1985年の今ごろチャートインしていた曲、Stephanie Millsの"Bit By Bit"です。
(Pop #78 R&B #52)

80年代、R&Bチャートを中心に、数々のヒットを放ったステファニーのシングル曲の中では、
え?そんな曲あったっけ?程度の一般知名度の曲だと思うのですが、もともとこの曲、
映画"Fletch"(邦題『フレッチ/殺人方程式』)のサントラからカットされたナンバーで、
本国アメリカでは、映画が大ヒットしましたので、ステファニーにとっては、
前年のヒット"The Medicine Song"以来のHot100入りを記録しましたが、
当時の日本では、主演のチェビー・チェイスの人気が、いまひとつだったためか、
(というか、アメリカのコメディー全般が、日本では苦戦していたのですが。)
ひっそりと公開されて終わったため、彼女のファン以外には、
あまり知られることのない曲だったのではないかと思います。

なお彼女、"Breathless"というタイトルで、Newアルバムが出るという情報が出て久しいですが、
いっこうに、正式アナウンスがないまま時間が経過していてさびしいですね。
ツアーなどはしているようなので、元気ではあるようですが、
大ヒットから遠ざかっているベテランがアルバムを出すっていうのは、
今は、なかなか大変なのかもしれませんね。

メリサ・マンチェスターが曲紹介!


プロモビデオはこちら。


http://www.stephaniemillsmusic.com/
Stephanie Mills Official Site(いきなり音出ます。)
posted by maki at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐し洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。